家を建て替えることが決まったのでこの際だからと整理を進めていたら仕立てる前の反物が見つかりました。
丁寧にしまわれていたため外から見てわかるような傷みはなく買っ立ときの状態を保っています。
ネットで着物買取業者のホームページを調べてみると、反物も着物と同じ扱いで買い取ってもらえる沿うです。
仕立てないで置いておくのももったいないのでそのうち買い取って貰おうと前むきに考えています。
大掃除やお節句の時期になるたびに、箪笥で眠っている着物類を整理したいと漠然と考えてはいたのですが、形見分けで思い入れもあるため、良い引き取り手もなく放ったらかしにしてきました。
ただ、雑誌で和服買取業者があるのを知り、調べてみたらたくさんあって、驚きました。
和服を着たい人って多いんですね。
産地や生地も理解して値付けするので高値が期待できるのですし、和服・和装小物専門を掲げるだけあって、着物の価値がわかるのだなと感じました。
天気の良い日に風入れがてら整理して、頼んでみるつもりです。
最近は、着物を買い取り業者に宅配で送るのも普通になってきましたが、できるだけ有利に買い取ってもらうために、注意して欲しいのは多くの着物についてくる反物の切れ端をとってありますか?保証書は残っていますか?リサイクルショップに家電を売るときと同じく、品質を示すためにこうしたものがある所以で、あるかないかというだけで査定結果が明らかに違ってきます。
一部で持とってあれば送るとき、相手にわかるように入れておきましょう。
成人式(昭和23年から平成11年までは、1月15日が成人の日でした)に着た振袖は、あなたがたそれにまつわる思い出や、思い入れも当然あって、絶対手基に置いておくという人も多数派なのでしょうが、着る時期を過ぎてしまったら、手放してお金に換えることにすれば各種の問題が片付くでしょう。
保管状態によりますが、生地や色柄が良ければそこそこの買取価格で売れるでしょう。
自分磨きに使うも良し、今後のために貯金してもいいのではないでしょうか。
おばあちゃんの遺品整理もだいぶ進んできたのですが、その中には欲しい人がいない着物や帯、小物がたくさんあることが分かりました。
専門の業者に引き取って貰おうと、何軒かあたってみたのですが連絡すれば、こちらで箱詰めしなくとも、無料で梱包する業者も何軒もあってびっくりしました。
着物に帯、小物を合わせるとすごく重く、ひとりでおみせに運ぶなんてありえないと頭を抱えていたのでそれも感謝しなければなりません。
近頃はインターネットが普及したことにより、かつては知っている人しか知らないような情報ですら、いとも簡単に入手できるようになりました。
ただ、あまりイージーすぎるのも困ります。
金銭対価が生じる着物買取などは、業者のホームページを見るだけでなく、ネットでの評判も確認し、そこそこ信頼できるところに絞ったあと、最低でも2社以上の業者に査定を依頼すると良いでしょう。
単独査定だと高いか安いかわかりませんし、多少の手間は不可欠です。
もう着る人のいない着物は、和服専門の買取業者に買い取りを依頼してみませんか。
紬や絣といった着物なら、結城や牛首のような品でなくても、どんな種類でも買い取ってくれるようです。
特に力を入れているおみせでは、高値買取も夢ではありません。
紬はお対にすることも多いですが、あればセットのほうが高値です。
また、友禅やブランド着物なども幅広く扱う業者が多いです。
一度問い合わせてみてはどうでしょう。
着物はトータルコーディネイトするものなので、着物、帯はもちろんそれに合った小物類、帯締めや帯揚げなども併せて買取可能です。
セットと言っても、襦袢は例外のようです。
これは下着と考えられるため未使用ならともかく、着用済みでは値がつかないのです。
襦袢を買い取ってもらえる例として、未使用で正絹仕立てのもの、レトロな珍しい柄のものがあれば他のものとともに買い取ってもらえる可能性があります。
他の着物や帯とともに、査定してもらいましょう。
売りたい着物があれば、そこで一番気になることは自分の着物の価値を、十分認めた値段になるのかではないでしょうか。
果たして相場があるのか?と思うでしょうが実は、着物の買取は素材、色柄、保管状態、サイズなどの条件(他人に要求する時は多く、自分に要求される時には少なくと考える人が少なくないでしょう)次第で価格は流動的と考えるべきです。
着物の価値をよくわかっている鑑定士に査定してもらうのがベストです。
どこでも、査定は無料で行っていますから、電話かメールで、査定の予約をとってみましょう。
着物の価値は、素材や色柄、仕立てなど各種の要素で決まりますが、その中で、買い取りのとき高値がつく可能性が大きいのは織り、染めなどが有名である産地の品です。
大島紬の他、本場黄八丈など昔から着物好きな方に愛されてきた有名産地の品なら買い手も多いので高額買い取りもよく耳にします。
着物の状態が査定額を左右することはもちろん、証紙によって産地や生産者を保証しないといけないことはどの着物でも変わりません。